(115)下仁田納豆『十国峠』

最近スーパーでよく目につくのが納豆そのものよりも添付のタレに力点を置いた商品で、やれ「卵かけご飯の醤油味」だことの「川のり入りタレ」や「青じそ風味」といった小手先変化球タイプが主流なのである。
まあそういった商品がマズいとかダメという主張をしているワケではなくて、けっこー美味しいやつだってあるのだな。ただ(そんなもんくらいテメーで工夫して作ればいいじゃん、そのほうが圧倒テキに美味しいし…)みたいな半ケチ主義のエロおやぢはソッポを向きたくなってしまうだけ、というハナシである。
だから納豆を購入しに入ったお店ではついついいわゆる“本格的納豆”みたいな商品ばかりにメを走らせてしまうのだよ、そしてドライブで遠方に行った際に立ち寄る道の駅みたいな場所でも同様の行為に及んでしまうわけなのね。

この納豆も杉の経木にダイレクトに包まれ三角になっているところにハートを強く揺さぶられた。デパ地下などでもこんなスタイルの地方特産納豆をよく売っているし、やはり高価であっても美味い納豆が喰いたいというヨクボーに負けてテを出してしまうのである。
ずいぶん前に購入して食したものなのでドコで購入したのか憶えていないのだけれど、商品名の『十石峠』というのは長野と群馬の県境に位置する峠なので多分信州方面へ行った時にゲットした商品なのかと思うのよね…って「このフォトそんなに寝かしていたんですか」てなギモンには(ごもっともでございます)としか回答のしようがなくって、まあズボラを晒してしまう結果だけだ。

そんなドッチでもいいハナシは置いといて、経木包の本格大粒納豆というスペックに「生七味とうがらし」と「みそダレ」が付いているという、言ってみれば大リーグボールをマスターしたマー君みたいな納豆なのである。
納豆そのものはふっくら柔らかで旨味も非常に強いが、そこにナマの七味唐辛子&味噌風味といった鉄壁の守備陣と破壊テキ攻撃力だ、きっと“負けない記録更新”は間違いなしだろうな。後は本人の精神力(企業の理念)と体力・技術(製造ノウハウの正しい伝承)だけだ。
この納豆を食してからボクはちょっと目が覚めたというか、発泡スチロール容器のレギュラー商品も買うけれど、行ったお店にこうした経木包商品や藁苞納豆があれば必ずそれらを選択するようになった。だってそのほうが美味しいんだもん。
このところ納豆奉行サマは忙しくて裏ミッションを放棄していると思われているに違いないが、ジツはそーでもなくってアッチコッチの納豆を積極テキに購入してはその美味しさにヨロコビにまにましているのだけれど、なかなかにフォト押さえて駄文を公開するまでには至っておらずとても残念なのである。あっ世間一般ではそーゆーことをズボラしてる、と言うのかな。


下仁田納豆 有限会社
http://homepage3.nifty.com/NATTOU/




クリック↓↓↓で応援をお願いします






ちょっと前の富士山
ここ数日はカスミが激しくて画になりません…
いよいよ春らしくなったというより間もなく初夏がやってくるんですね


6:17AM, April 22. 2014. @Fujinomiya-City

(114) 秋田・おはよう納豆 『塩糀たれ付き極小粒』

昨日『塩糀』を使った漬物の日記を書いたが、やはりと云うべきかソレをフィーチャーした納豆が販売されていた。

久しぶりに変化球スタイルの納豆だぜ!きっと納豆粒の間に塩糀が散らされていて…とカッテに想像していたのに、パックを開いてみるとごくフツーの極小粒納豆が入っているだけだった。
塩糀が使われているのはタレのほうだけなのであってなんだか少しガッカリしてしまったけれど、まあこれだって喰ってみなければ美味いかそうでもないのかは判らないのよね。ってことで朝ゴハンの白飯にズバリとトッピングしてその実力を味わってみた。
タレパックを切って納豆にかけてやるとネバリがあって簡単にはシミ込んでゆかないくらいのトロミ加減、う〜むコレは塩糀の作用なのか…それとも如何にもソレらしいヨロコビを増進させるためのスターチ的添加物のオカゲなのか。

タレパックには塩糀の文字そのものはおろか成分表示さえされていないのでナニが原料なのか知ることが出来ない、ただ“納豆のたれ”と印刷されているだけなのである。もしかして短命スポット商品なのでそこまでコストをかける必要はないとメーカーさんが判断しているのだろうか。だからといって成分表示が無いというのは許されるのかなあ…とお味を探る前にヨケーな神経を払うハメになったじゃん。
まあいいや…それより肝心なお味は…と食してみると、やはり塩糀の旨味みたいなものはあまり知覚することが出来ないのね。きっとメをつぶって食したならば塩糀が使われていることに気付かぬまま食べ終えてしまうかも知れないくらいその恩恵は希薄なのである。食しているうちに多少フツーのタレよりは美味しいかなあと思えなくもないけれど、納豆自体が元々旨味成分のカタマリみたいなものなのでそうカンタンにその壁は打ち破ることは難しいだろう。
だからと言ってこの納豆がヒドい製品かと云うとそうでもなくて、ごくフツーのソフトタイプだからブナンに万人ウケする商品であることに違いはない。お値段だって塩糀チャーター料が加算されているわけでもないので、消費者側に損したあるいは騙されたという意識が持ち上がることはないだろう。
なんとな〜く流行りの塩糀テキ気分で美味しくなったようなキモチを味わいたい方には好適な納豆だ。ボクならきっと「タレなしエコノミーパックの納豆」を購入してきてホンモノの塩糀とお醤油をかけて食べたほうが数倍美味いんでないかい?と思うけどね。


株式会社ヤマダフーズ
http://www.yamadafoods.co.jp/




クリック↓↓↓で応援をお願いします




日中はそこそこ暖かなのにね
やっぱり朝晩はキビシい寒さ…これからが本番だからなあ



7:18AM, January 09. 2013. @Ihara, Shimizu-Ward






チャッピ〜☆彡さん
おはようございます! 連コメありがとうございます(笑)
で「花糀」でつか…フシギなナマエの食べ物もあるんですねえ(´▽`*)アハハ
これからが厳冬期本番ですね〜寒波もやってくるって云うし。そんな季節にこそやれる調理、今年は久しぶりに自家製スモークを作ってみようと思ってるんですよ。ベーコンにサーモンにタコなど…
知人から「スモークハウス建ててくれ」って依頼もきてるんだよなあ(´Å`)

(113) パキッ!とたれ「新・とろっ豆」で『おろし納豆そば』

久しぶりに“納豆奉行”を更新した。前回は4月の11日だから、もう二ヶ月以上納豆を喰っていなかったことになる…ってのは大ウソでほぼ毎日とはゆかないまでもけっこーな頻度で食してはいたのよ。

ただ平素利用している近所のスーパーには地方色豊かな納豆などは並んでいないし、ごくフツーの大手メーカー製品が十数種類ほどあるだけだ。
以前に置いていた富士宮市内の納豆製造所のものは大変美味しくお気に入りだったのに、そのスーパーが経営不振から県中部の中堅スーパーチェーンに実質上身売りして以来店頭から消えてなくなった。
やはり経営体質の改善にはセンター方式の統一テキ大量仕入れは不可欠で、地元の中小メーカーからの仕入れなど今時のスーパー経営にはイケないことの見本なのかなあ…と思ってしまうが、なんだかちょっと寂しい気もするし食文化ってそーゆーもんじゃないでしょ!と吠えてみたくもなるのよね。
まあココでそんな大サワギをしてもシカタがないのでおとなしくフツーの納豆…なるべく“本日のチラシ掲載商品”みたいな廉売モノのね…を購入してきては楚々とした朝食のお供にするわけだ。
ところが先日そんな商品群の中に大手メーカーの新製品を見つけた。納豆そのものにテを加えたり工夫したものではなく「添付のタレを上手いことやりました〜」てなカンジなのである。

このメーカーさんは納豆業界では後発組なので、どうも納豆のたれパックに対するコンプレックスというか(なんとかせにゃあかんがや〜)みたいなものを持ち続けているようで、以前に食した旧製品ではタレをジェル状にしてパックを開ける際の煩わしさや失敗を無くしたという功績がある。そして今回はソレをもっと進化させてきた。
フタをパキッ!と割ればタレが納豆にたら〜りと落ちるシクミになっていてなかなかに面白いアイデアである。ただし肝心のお味のほうは若干甘め、スキなヒトはスキだけど本格派納豆奉行のエロおやぢはちいとパスかな。
そんなワケでせっかく新開発した納豆たれディスペンサは使用せず、プレーンな納豆を冷やしそばにトッピングしては楽しむのである。納豆そのものはふっくらとろりと美味しいものなので、このほうがピュアに味わうことができると思うんですけどね。


株式会社ミツカン 納豆サイト
http://www.mizkan.co.jp/chilled/




クリック↓↓↓で応援をお願いします





あ〜もうガマンできないよ
今宵はハイボールでスタートさ


June 26. 2012.


     ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 




そうか、もう今日から七月なんだなあ…





July 2012


キユーピーキユーピー株式会社)
http://www.kewpie.co.jp/






ムー吉殿
こんにちは〜 あのコが例の「北陸のスイカップ」アナだったんですね!
やっぱり見るメがあるんだにゃ〜w(^o^)w 今度はサッサと自分のモノにしておきなさいよ(笑)
まだまだ梅雨は続きますね…コチラも昨晩は雨、曇天の朝でしたが先程からしとしとと降っていますよ。紫陽花でも撮ってこようかという気力がなかなか出てこなくてねノ(´д`*)



チャッピ〜☆彡さん
おはようございます! あぁ、たいてい出来上がってますね、その頃には(笑)
今年はホントに紫陽花のフォトを撮ってませんよ、去年はたくさん撮ったのになあノ(´д`*)
キューピーカレンダーのバックに写ってる白い花も紫陽花みたいだよ〜、ホワイトアスパラガスのシーズンにズバリと登場するんだね!

(112)三重県桑名 都納豆おちびさん『つゆだく』

チマタでは丼モノの“つゆだく”仕様が流行らしいが、あれはだらしない料理人の作った料理をいーかげんなヤローが喜んで喰った話をバカ芸能人がさも美味いような風に広めてしまっただけのことであって、いくら酒に溺れていてもそーゆー単純な脳ミソは持ち合わせていないエロおやぢにはカンケーのない話だ。

しかしその“つゆだく”というフレーズは人々のココロに深く焼きついてしまったらしく、とうとう納豆にまでそうしたスペックが採用されてしまったのには参ったちゃんなのだな。
(まあどうせそんなもんでしょ…)みたいにたいした期待は持たなかったものの、相手が納豆なのでいちおーお試ししてみることにした。
開封するとデカいパックがど〜んと納豆と容器を仕切るセパレータの上に乗っかっていて(おや、これはまるでコンビニ弁当のソバツユパックみたいじゃん!)なのである。比較のために上に置いてみたのはレギュラーサイズの納豆タレで、こうしてあらためて見てもその“つゆだく”実現のための準備にヌカリはないようだ。オカゲでたいていは添付されているカラシのパックは省かれているのがなんとも寂しいカンジもするのよね。
まっとうな評価も必要だろうといちおー最初はゴハンに乗せて喰ってみた。甘くシャビなタレが納豆のネバリを打ち消し、ずるずるザバザバとゴハンが啜れるような感覚だ。

この小杉食品さんの納豆は何度か食していてその美味しさは承知している。こうしたおちびさん(小粒納豆)もマジメに作られた商品なので納豆そのものはふっくらと美味しいものであるが、なんだかちょっとツユに喰わされちゃってるなあ…みたいに残念な感じも否めない。
う〜む、やっぱりゴハンとタッグを組ませるならごくフツーのスタイルがいいなあ。同社のホームページではあの亀田三兄弟もお気に入りなんて書いてあったけどボクシングには興味はないし、ソレが理由での購入動機にはならないのよ。

ただその“ずるずるザバザバ”という感覚にヒントを得て(コレは納豆そばにいんでないかい)とヒラメキ色めくエロおやぢなのだな。さっそくジッコーしてみた。
けっして暖かではないけれど寒くもない季節になってきたので久しぶりに冷しぶっかけ蕎麦にしてみた。大根おろしそして鰹節&刻み海苔という、まあ言ってみれば常套手段以外は使っていないけれども、コレがけっこーイケました…ってことなのである。
シャビなタレでズルズルになってしまった納豆がちょうどトロロのような感じで蕎麦に絡みつく。そして大根おろしが粘るようにシツコく貼りついてくる納豆の怨念をサラリと洗い流し(もうじきサワヤカな季節がやってくるぞ〜♪)みたいな期待を膨らませてくれるのだ。いいねえ。
まあワザワザこれを買ってこなくてもフツーの納豆に蕎麦つゆなど多めに入れれば同じものは出来上がるのでしょうけど、そんなメンドなことはしたくないもんね…という御方にはズバリの商品かな。


都納豆(株式会社小杉食品)
http://www.miyakonattou.com/




クリック↓↓↓で応援をお願いします






おぉ、とろける紅茶ね…
これでシゴト疲れはしていても待ち時間が辛くないか
それにしても日が長くなりましたねえ



5:44PM, April 10. 2012.こんばんわ〜!
おっ!早速買ってきましたね w(^o^)w
どうです、美味しかったでしょ…サスガにフォションの製品ですね〜♪ 上品な甘みと香りなのになぜかしっかり印象深いお味、これならパンチのベースにしたりサングリアにも使えるかも知れませんね!
今日の帰り路ではかなりの数のピンクの花びらが路上に… なんだか侘しい気もしましたが、これも季節の移ろいのワンシーン。
散りゆく桜に寂寥感を見出すのは古来からのニッポン人の繊細な感情でしょうか、なかなかにいいものだと近年やっと思えるようになりました。

(111) 開けてビックリ『ふっくら小粒なっとう』

いつものスーパー@哀愁のイナカ町で購入したごくフツーの納豆である。フツーでないのはそのお値段で、40gの三段パックが¥48(ちゃんとタレとカラシは添付されている)というチラシ掲載お買い得品だったことくらいである。
そして特段このブログでご紹介するようなお味のヒミツが隠されていたワケでもないが、パックの外装を外して思わず笑ってしまった。なにこれ〜、ブタの顔じゃん!なのである。
多分製造工程で必要とされるパックの溝形状に識別番号や法定表示など配置したら偶然こんな風になってしまったものなのだと思う。若しかしたらパック製造会社の担当者も気づいていないかもね…ってくらいビミョーなカタチかな。ああ可笑しいったらありゃしない…

あづま食品株式会社
http://www.adumas.co.jp/




クリック↓↓↓で応援をお願いします





カレカレのススキが朝陽真っ正面でエラソに輝く



7:30AM, March 12. 2012.






チャッピ〜☆彡さん
おはよーございます!
日の出・日没共にすっかり時刻が変わり、富士山撮影のプライムタイムがズレてきました。でも忙しくてちっとも撮影が出来ないのよ(;´Д`)ノ
納豆パックのバックに敷いたのはルノー・カレンダー… パリの街並みたいなんだけどね〜(笑) でも必然性のない組み合わせだよな(´▽`*)アハハ
しかしカレカレのススキをポストカードにする酔狂なヒトもいるんですねえ…オマエだって似たようなもんだろ!って? へい、確かに。だってあまりに黄金色でエラソだったもんだからさ(笑)


(110) 納豆食べてねばり勝ち『百点太郎』で合格祈願

お受験のシーズンともなると合格祈願グッズが店頭に並ぶようになったのはいつのころからだろう。ムカシはそのスジの神社などに出向いては絵馬に願いを込めたりしたものだったが、今は商魂逞しき人々のテによってすっかりズボラこきまくりの世の中になってしまった。
そして単にお守りや風水系のグッズだけでなく、食品にまでそうしたものに肖ったものが増えているのには(ちょっと待てよ〜)と立ち止りよ〜く考えてみたくもなるものだ。

商品名も「キット勝つ」とか「受カ〜ル」みたいにオリジナル・ブランドにかけた駄洒落ならまだしも、全くカンケーのない商品にまで“必勝祈願”みたいな古臭いコピーが奢られているのを見るにつけ、なんとなくココロ寒く思ってしまうのはボクだけだろうか。
たいていは夜食向けのインスタント食品やちょっとしたスナック菓子に多く見受けられるわけだが、ジツはきちんと受験勉強をしようとするならばドチラも不要…というか大敵にしかならないものなのね。
厳しくハイレベルな入学試験を勝ち抜いたエロおやぢが申し上げているのだから真実なのであってそうしたお子様を持つ親御さんは心して読んでいただきたい。
先ず夜食を喰うほど夜遅くまで勉強してはダメ。試験は朝から昼間に行われるのであって、深夜に入学試験を実施する大学は存在しない。脳の活動ピークを朝と昼間にシフトせよ。
おやつも不要。三度の食事を規則正しく適量摂取して抑制の効いた時間配分をせよ。短期間で知識や思考能力を鍛えるには時間効率をいかに高めるかが勝敗の分かれ道だ。15分間思いっきり考え、5分間だけ脳をユルめる。これを一時間に3セット、意外に疲れず3時間くらいの持続は楽なものである。つまり勉強中の飲食などもってのほか、集中力を希薄にしダラダラとエネルギーをムダ使いするだけの悪癖にしかならない。
あぁ、また吠えてしまったなあ。でもこれは負けイヌの遠吠えでなく勝者の雄叫びですからね。

この商品も特に受験用に開発されたものではなくナカミはごくフツーの納豆であるとは云うものの、納豆そのものは必須アミノ酸などを多量に含んだ発酵食品なので受験生でなくとも毎度の食事に組み込みたい食品だ。
ちょっと驚いたのは同商品名で東日本向けと西日本向けがあり前者は“極小粒=45g/1P”、後者は“小粒=40g/1P”とエリアによって異なる嗜好に対応していることだった。静岡は中間地点だけど東日本向け商品が流通している。小粒の関西向けはどんなお味なのかな、一度食べ比べてみたいものである。
今回はズルズルっとイケるタマゴ納豆にしてみたが、やっぱりゴハンにぶっかけて食すよりこれ単独で食べる方がスキだなあ、ボクは。


あづま食品株式会社
http://www.adumas.co.jp/




クリック↓↓↓で応援をお願いします










YUMIさん
おはようございます!
ボクは転勤組で釧路に住んでたでしょ、だから納豆with砂糖醤油って組み合わせは知らなかった(笑) コチラに帰ってきてから札幌の友人に聞いてビックリさ(´▽`*)アハハ
トマトにお砂糖かけて食べるのはガッコーのトモダチがやってたから知っていたけど、当時はキモくて食べる勇気がありませんでしたよ(笑)でもアレって確かに美味しいと最近理解しました〜
お〜っし!今度はボクも砂糖醤油納豆にチャレンジだーo(^-^)o



かぶちゃん
おはようございます!
おいおい、今ごろ「酒場放浪記」かよ… ボクはずっと視てますよ。アレはヤバいよね〜もう酒場行ってヤキトリや刺身喰ってヨッパになりたい欲望にムネをかきむしってしまうのさ\(≧▽≦)丿
ところでかぶちゃんに教えてもらった「納豆with玉葱みじん切」ってのも美味いよね〜♪ シャリっとした玉葱の食感とネバる納豆の対比が面白い!



ムー吉殿
おはようございます!
おぉ〜、ソレはジツに親孝行な息子さんですな(笑) 子は親の背中を見て育つものです、今後もぜひコソコソ夜遊びの道に外れないように見守ってあげて下さいね (≧∇≦)b
ところでNikon-D90がアウトレットっぽくなってきましたね、ロングセラーだもんなあ…そろそろ後継機の登場かな。次回のメイン機候補ナンバーワンはD800またはD4なので多分買わないけど、どんなスペックなのか楽しみです。



元ルーさん
おはようございます!
げげっ!納豆食べ忘れるってこともあるのですか!? 納豆イノチとまではいかないけれども、ダイスキ人間としては有り得ない人生ですね(笑)ってか、単に安上がりでハラいっぱいになるから逃げられないだけかも(´▽`*)アハハ
コチラの昨日は朝がドシャ降りの雨、昼ごろからすっかり快晴…しかも気温が20℃超えってカラダがおかしくなりそうでしたよ。忙しくて富士山のフォトを撮るヨユーはありませんでしたノ(´д`*)



チャッピ〜☆彡さん
おはようございます!
そうですそうです!納豆本来の旨味は「大粒」にあり\(o^∀^o)/ ボクも選ばせていただけるなら迷うことなく大粒大豆の納豆! だけどお値段が高いんだよね(笑)
で、やっぱり単独で食べる派。なんでかな〜、コドモのころはゴハンに混ぜて食べてたのにね。もしかして酒の肴習慣かな〜(´▽`*)アハハ
うっわ〜懐かしいなあ「走れ歌謡曲」。当時はリクエストも公衆電話だよね(笑)

(109) ありそーでなかった『みそだれ納豆』

のっけからウソのタイトルをつけてしまった。今までなかった…と一瞬思えたので安易に決めてしまったが、ジツは過去にひとつあったのね。ソレは“ めちゃんこうみゃ〜『名古屋味噌だれ納豆』 ”という製品で、同じあづま食品さんから販売されていたものなのであった。
しかしよく考えると「めちゃんこうみゃ〜」というサブタイトルは誤用なのであってナゴヤなら「どえりゃ〜うみゃ〜でな」にしなければならないのだ。いいえソレはボクのミスではなくてあづま食品さんのパッケージデザイナーが茨城県人だったから知らなかったのよ…と解釈しなければならないだろう。ドッチでもいいか、そんなこと。

肝心のお味は前回の八丁味噌使用のハンセーもあったのか、赤みそと白みそのブレンド仕様となっていて誰にでも好まれるものに調製されていた。個人テキには岡崎の八丁味噌はスキだが、やはりその風味やクセを好まないヒトも多いだろうし、主な販売エリアの関東・首都圏ではなおさらのことと思う。ちょっと…というか、かなりピリ辛に仕上げられた「みそだれ」は納豆に必需品である刻みネギも要らないのではないかと思われるくらいしっかりした風味を印象づけてくる。コレって冷奴に塗って食しても美味いんでないかい?
ただ納豆も大豆加工食品、味噌は調味料の中で最も原料の大豆に近いカタチなので少し似かより過ぎている気もしないでもない。確かに美味しいのだけれどもメリハリに欠けるきらいもあるのだな。


あづま食品株式会社
http://www.adumas.co.jp/index.htm




クリック↓↓↓で応援をお願いします








今朝の富士山


 











チャッピ〜☆彡さん
おはようございます。
佃煮なんてゴーヤーが入っていると言わなければ「なに?これ」かもしれません。キウイフルーツのようなあの鮮やかなグリーンは炒め物ぐらいでしか楽しめませんね〜
どうせ色が変わってしまうなら「かりんとう」みたいなお菓子にしてしまった方がヤケクソで美味しいかな(´▽`*)アハハ