甲斐大泉のトラットリア『タダリコ』

長坂I.C.から清里方面に向かう県道28号線沿いには魅力テキな飲食店が数多くあり、このお店も以前からずっと気にかかっていたイタリアンなのである。

土曜日ではあるものの昼時を少し外したせいか先客は一組だけで、混んでいると思い込んでいたボクは少々拍子抜けしたカタチで窓際の眺めの良い席を確保することができた。
気温24℃、暑くもなく寒くもなく心地よい風が開け放たれた窓からそよそよと流れてくる。このところ遠方にお出かけと言えば蕎麦ばかり食していたので「タマにはちょっとしたイタリアンもいいなぁ…」といった希望にピッタリのお店のようだ。
ランチタイムのセットは三種類ほどあったが、何れもいくつかの前菜やパスタそしてメインディッシュからチョイスできるようになっていて、ボクはニッポン人がダイスキな中間の¥1500のセットコースを相方とともにお願いした。



『本日のカルパッチョ


「今日のカルパッチョは鯵になっております」カメリエーレが献立を詳細に説明してくれるし、接客は丁寧で頗るキモチがよい。
新鮮な鯵の切り身にカットされた野菜類が天盛りされ、爽やかな風味のドレッシングがかけられている。非常に繊細な味付けがなされているようで和食にも通ずるような素材の活かし方に感心する。
ウ〜ム、コレはタダモノではないな…そんな話をしながらもう一つの前菜にテをのばす。



『季節野菜のバーニャカウダソース』


“北海道産あおやぎのサラダ仕立て”という前菜と大いに迷ったが、やはり好物のバーニャカウダにしてしまった。
ズッキーニなどの野菜類は生ではなく軽く火を通してあるが歯ごたえや香りを損なわずに絶妙な火加減に収めてある。バーニャカウダソースはどちらかと言うとアッサリしたタイプでボクには若干頼りなげに感ずるものの、一般テキにはコチラの方がクセもなくブナンな印象で食べやすいかも知れない。
赤かぶの葉は虫食いの穴だらけで農薬の使用が控えられているのだなぁと逆に安心して食べられるのには笑ってしまったが、こうした高原ならではの野菜の登場は嬉しいものだ。

しらすと焼なすのスパゲティーニ』
名産地に居住しているせいかシラスを使った料理はあまり注文する機会がない。ヨケーなコトをするよりそのまま喰った方が美味いに決まってるじゃん…という考えが働くのだろう。
今回は焼きナスとの組み合わせに思わずオッ!と思いこのパスタをお願いしてみたが「正直、降参しましたー」なのである。イタリア本国でもイワシの稚魚をピッツァやパスタなどの具としてよく利用するらしいが、そのワケをココで知るハメになるとは思いもよらないコトなのであった。
ペペロンチーノがベースになっているこのパスタ料理は根深ネギのアクセントが効いていて自宅でも再現してみたくなるレシピだ。


『タコのピリ辛トマトソースのラグー』


香味野菜をオリーブオイルでコトコトと煮込みペースト状にしたものがソフリットで、様々な料理のソースベースとして利用される。そしてさらにそのソフリットへ細かく刻んだ食材を加えて作ったソースをラグーと呼び、料理そのものの名前として使われることもある。ソレくらい味のキーポイントとして重要なモノであり、欧州料理には同様なプロセスを用いて作られる料理が多い。
このラグーはタコを細かく刻んだトマトベースのソースで、見た目だけはフツーのボローニャソースのように感ずるが、食してみるとタコの風味がパッと拡がりじつに楽しいお味なのである。


ピリ辛と表記されてはいたが結構な辛味があり、出先のランチでなければビールまたはワインを必ず傍らに据えておきたくなる料理だ。
しかし全てが魚介の風味に支配されているワケではなく、ちゃんと野菜の旨みと香りが基礎になっている辺りがイタリア料理の奥深さを感じさせるものであり、またこのお店の力量が確かなものである証しでもある。
残ったソースはバゲットに乗せて。ブルスケッタのようでとても美味しい。




『ココアのシフォンケーキ』


それまでどんなに素晴らしい料理に満足していたとしても、ドルチェがイマイチだと一気に興醒めしてそのお店の評価はかなり下がってしまうものだ。
コチラはそんな心配は無用のようである。シフォンケーキはどんなお店で食しても当りハズレの少ないスイーツではあるが、ふわりとした柔らかさの中にもしっとりとした食感と香りが調和しているものは少ない。添えられたクリームの質やフレッシュフルーツの酸味、そしてカラメルソースのビター加減が絶妙で、素晴らしい食事のフィナーレにふさわしい出来映えだ。

   ◆◇◆◇◆

「ホントによいお店に巡りあったなぁ」という印象である。
八ヶ岳高原野菜のアドヴァンテージを活かしつつも、無闇に気張るコトもなく各地の優良な素材を集めてはイタリアンとしてお客様にお出しする…そんなシェフの息遣い・心遣いを感じるようなお店なのである。



トラットリア タダリコ
山梨県北杜市大泉町西井出8240-6321
TEL=0551-38-1668
ACT=11:30〜14:30, 17:30〜21:00 水曜定休


地図








(15) 七か月ぶりの清里


よく考えるとまるまる七か月間、清里に足を運んでいなかった。雪が溶けたら行こう…と心に決めてはいたが、厳冬期にビョーキと闘うハメになりそのまま春を迎えてしまったし、その後も思わぬ長丁場となった闘病生活にすっかり機を逸していた格好だ。
間もなく夏休みにも入るというこの時期、やっと訪れた清里はまだ梅雨も明けていないせいか夏の入口と云った風情で、蝉の鳴き声もまだまだ少ない。


前回冬に来た時はまだ新加入の家族だった北海道犬の“うどん”君は矢鱈に警戒心が強く、ちょっとでも近づこうものならキバをむいては猛烈な勢いで吠えかかってきたものだが、この半年間ですっかりヒトに慣れた様子でボクの手を甘噛みしてはジャレついてくるくらいにまで成長していた。


その“うどん”君のハウスに隣接するウッドデッキになにやら見慣れぬカタチのものが置いてあるではないか。
石原氏に聞くと「自作バーベキューコンロ」なのだという。手に入れた廃材鉄骨に耐火レンガを組み合わせ、ロングタイプのコンロを作ってしまったのだと云う。
う〜む、素晴らしいではないか!
コレなら70cmはあるマスを二尾縦列にして焼くとか、尺ウナギなら五尾は一度に調理もできる。ヤキトリなどを焼きながら空いているスペースで汁モノを作ったりとかなりな使い勝手を期待できるのね。
レンガは積み重ねてあるだけなので、灰の始末や空気調節も楽チン。非常に優れモノであることは間違いなさそうだが、こうしたフリースペースのある庭をお持ちの方でないとマネしても意味がなく、当然当家に於いては不可能な設備に羨ましさが倍増してしまうのだな。


暫くオジャマしない間にいくつかの新作やディスプレイが作られていた。定番商品の確かさもよい点であるが、オーダーメイドあるいはセミオーダー的な注文も受けてくれるトコロがメリーマックさんならではのものであり、今やビジネスに必要不可欠なシステム手帳のバインダーもこうして“ワタシだけの”をプレゼンテーションしてくれている。


店内には息子さんの作品もかなりな数が並んでいるものの、やはりココの一等地は父君の牙城なのか季節の草木とともに美しく置かれた作品群にはコレもアレも…と欲しくなってしまう魅力が溢れている。
うっかり写真を撮らなかったが、お買い物のマイバッグ使用者が増加しているせいか大きめのトートバッグがよく求められているようである。
この日も一人でトートバッグばかり数点買い求めていった方がいて「エコブームも革製品ギョーカイに波及しているのだ」と一人納得するのである。


毎度ご馳走になります。奥様お手製“梅のシロップ煮”を添えたアイスクリーム。
いい香りである。言われなければアンズかと思うくらい柔らかな風味と香りがバニラアイスクリームにマッチして素晴らしい。よく色づいた完熟梅をそっとシロップで煮てつくるのだそうだ。
今度ボクも作ってみようかなぁ、梅干しやその他の漬物と違ってちょっとはラクできそうだし、万一失敗してもジャムにしちゃえばいいもんね。
冷たいハーブティーがスイーツのベタベタ感を洗い流してくれる。ミントのような…カモミールのような…フシギなミックス香に、去年大泉のペンションでいただいた生ハーブティーを思い出した。こうしたものに出会えるのも高原の魅力だし、また地元の方はその素晴らしさをよくご存じなのである。


ゲストルームでふと見上げると、二階からアイビーが長く垂れ下がっていた。
吹き抜け構造になっている建築ならではの芸当だが、色彩や明暗比といったビミョーなマッチングが快い空間を形作っている


お店の入り口にあるストーンには自然な水溜りが出来ていて、草花が自然に根付いている。
石原氏が手まねきして教えてくれたのは小さな一輪の花。
ドコからかタネが飛んできては、いつの間にかココに咲いたのだと云う。


入口ワキのディスプレイに置かれた様々なモノたち…
革のランプシェードはスズメのお気に入りとなったようで「巣作りまでしてしまったよ」と石原氏は笑う。
また新しい家族が増えました…とサラリと言ってのける石原氏に、こうして自然と一体となって生きる清里の人々の優しさを感じた。


六月まではストーブに火を入れていたらしい。九月にはまた必要になるから、薪を使わないのは二か月間だけ…
楽しそうに見えても厳しい自然と対峙しているのである。お店の脇に幾山も積み上げられた薪が短い夏を物語っているようである。


革工房Merrimack(メリーマック)
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~merimack

地図


〒407-0301
山梨県北杜市高根町清里3545-1
TEL : 0551-48-5455
定休日 : 毎週 火・水曜
E-mail :merimack@eps4.comlink.ne.jp


前回2008年12月15日のメリーマックさんに関する日記
http://d.hatena.ne.jp/artfoods/20081215#1229322912













ハピ吉さん
おはよーございます! そう、まっすぐ行って右側ですから(爆)
いつも変わらずに温かく迎えてくれる方々です。息子さん夫妻にベイビィちゃんも誕生して、充実した生活をされているようですね…
これからの作品の出来も楽しみですよ♪