山菜とろろ蕎麦

蕎麦の冷凍麺に山菜の水煮とツユがセットになったものを家人がいただいてきた。山菜もツユも冷凍である。
勤務先にお中元として贈られたモノらしいが、ホカには“五目冷しうどん”や“冷し中華”もあってナカナカに豪勢なのだ。

各セットを見てみると添付の具には高級な食材が使われていて、例えばカニカマではなく本物のカニ棒肉だったり大分産の肉厚シイタケの煮物や高級中華料理店で供されるクラスのクラゲの酢の物だったりと、ドレもスバラシい食材ばかりで恐ろしささえ覚える。
いくら美味しくてもジブンならコレは買わないよなぁ、だいいち高そうだし…と思いつつ「まぁイタダキ物ですから楽しんじゃいましょう♪」とイソイソ支度を始めるワケなのね。
運のよいことに先日使った山芋が冷蔵庫に少々残っていてスリスリしては冷し蕎麦のトッピングに参加させることが出来た。蕎麦は更科系のノドごしよいもので、つるつるズルズルと非常に美味しい一品だ。
「今度は“天磯おろし”なんかもいいよな〜」などとイモヅル式ヒラメキも浮かび上がる午後なのである。








昨日夕方の富士山

2009.07.08. 16:27 @Mannohara, Fujinomiya-City