天かす入り『桃なると巻の玉子丼』

ちらし寿司に雛あられ…桃の節句に古より定番の食べ物は数多あるが、近年はちょっとした小物にも工夫を凝らした楽しい食品があるコトを知った。


スーパーに買い物に行くと“見切り品コーナー”というものがあって、ボンビー君としては必ずソコを覗いてみるのがほぼ習性化している。
その日も例の如くナニゲに立ち寄り納豆の期限切れ寸前品とか廃番調味料などを見つけてはいくつかをカゴに入れた。ふと見るとナルト巻もあって「な〜に、どうせ冷凍しちゃうんだしさ…」と購入するつもりでテに取ってみるとフツーのなると巻とは違って桃の花があしらわれた練りモノだったワケである。
はは〜ん、ナルト…ではなくナルホド、賞味期限間近でもないのに見切ってしまうのは桃の節句にアテ込んだ商品だからなのね…ナカミはフツーのなると巻と一緒なんだから問題ないじゃん♪と、いい買い物をさせてもらった。
せっかくのキレイな食品である、ソレこそちらし寿司のトッピングや吸い物に浮かべれば春らしい演出も出来ると云うものだが、あいにく当家に於いてはそのようなヨテーもなく、さてさてどーしたものかと考えあぐねていた。
ちょうど昼メシどきだったのでタヌキ天丼でもするか…と準備を始めたトキに「そうだ、アノ桃なると巻を入れたら美味しそうなドンブリになりそー!」とフラッシュのようにヒラメいてしまったのだな。
天かすとタマネギに桃ナルトとネギを加えタマゴとじ、タタ〜ッとあっけなく出来上がってしまうドンブリではあるが、やはり天かすだけのタヌキ丼より遥かに美味しいモノが出来上がった。ただこうした食事にはハマグリの吸い物などといった繊細なお味の椀はフィットせず、インスタントのM風味吸い物などがイナタい感じで大変結構なのである。




☆ ラーメンには似合わないナルト巻だよなぁ(笑) ポチッと応援して下さいねっ!





今朝の富士山
夜明けは薄いレースと帯雲が拡がる空
午後には雨となる予報
気温4℃



5:48AM, March 18. 2010. @Fujinomiya-City