ペコちゃんのクリスマスプレミアムショートケーキ

ムカシは釧路に不二家なんて気の利いたお店は無かったのでテレビでCMをいくら見せられてもそのケーキを食すことなど出来なかったのね。北国の港町にはソレナリなお楽しみはあったが、やっぱりコドモ心にはちょっとアコガレの存在だった不二家のケーキである。

静岡に戻ってしばらくしてからようやくその鬱積した想いを遂げることができて、なかなかにリッチなキブンになった記憶はそう薄くはなっていないままだ。
先日も友人とメールでの会話で「子供のころはバタークリームだったよね」などと懐かしい時代を思い起こしていたが、今やすっかりフレッシュクリームなどアタリマエになってしまって、初めて食した時のあのカンドーもすっかり忘却の彼方なのである。ただイカレた脳ミソに残っているものは(不二家のケーキって美味しかったよね)という形骸化した概念なのであって、実際にそのケーキのお味がどうだったかなんてことは一切シナプスを刺激してこないのだ。
そんなワケでここ十数年は市内のめぼしいパティスリーの商品を渡り歩いていたが、ひょんなことから(あぁまた不二家のクリスマスケーキが食べてみたいな〜)なんて思いついてしまい、予約購入の運びとなったのである。
プレミアム云々というナマエがつけられているが、まあごくフツーのグレードのものでスタンダードなデコレーションである。なんや、こんなもんかいな…と思ったが、予約ケーキお渡し特設コーナーでサンタの格好をしてボクを満面の笑顔で迎えてくれたねーちゃんが激カワだったのでユルユルとしたキブンでお家に持ち帰ってきたエロおやぢである。

さあいよいよ久しぶりの儀式・ケーキカットである。おや…なんだかケーキそのものまでユルユルではないか。食してみればとてもふわふわトロトロってカンジで、ちょっと過去の記憶と違うのだな。
スポンジもクリームも流行りのふわふわタイプで、まあ甘みこそしっかりつけてはあるものの大味なアメリカンケーキに極めて近いか。う〜む、ちょっと期待ハズレというか残念なのである。ここのところヨーロピアンタイプのしっかりしたケーキに慣れているせいか、とても物足りなく感じるし、なにより世の中の全体テキ方向がこうした軟弱なものを好む傾向に流れているのが怖い気がする。
いえ、決してこれがダメってわけではなくてフツーに美味しいんですけどね“プレミアム”なんて名を冠しているもんだから、つい…


クリック↓↓↓で応援をお願いします






「三つ星マート」なんて飲み屋が市内に出来たんだけどね
朝五時まで営業ってさ、このご時世、このイナカでどーなんだろって思うのよ
看板からして“ノリ”だけでイッてるみたいだし、どうも若者にはついていけない
ソレはオマエがオッサンだからだよ… ってね、確かにそーかも



December 24. 2011. @Fujinomiya-City











ムー吉殿
こんてぃわ〜! 雪がスゴいでしょソッチ…(´・∀・`)
カングーは退院ついでにスタッドレスに履き替え終了、とっても調子よくなりました。
静岡の不二家も小さい店舗はみんな畳んでしまいましたね、この辺では富士市に在る「不二家レストラン」だけになってしまいましたよ。しかしあの“三秒ルール”ってホントの話だったんですかね、まさか我が国伝統のモッタイナイ精神の進化型?(笑)




元ルーさん
おはようございます!
高校の修学旅行は国鉄のストで一カ月延びました(笑) まあオカゲで静かな師走・冬の京都を経験出来ましたけどね。往きの青函連絡船は雪の中を出発でしてね、デッキでタバコ吸ってたら先ちゃんが来てしまいまして…
「おぉ〜息が白いなあ!」
で終りでした。もう時効だからいいですよね(´▽`*)アハハ
しかし銀座の不二家に立ち寄るなんて不良だったんですね〜\(≧▽≦)丿 そういえばボクは不二家レストランで食事をしたことが一度もありません。サンタのおねーちゃんと一緒にゴハン食べてみたいにゃ〜♪なーんてさ、でもエロカワでユルユルにさせられました(笑)
すごい雪になりましたね! 赤い車両はラッセル車だったんですね…