柚子香る

高菜ラーメン

昨日は収穫してあった柚子の果汁を絞る作業をしました。数リットルの量を確保しましたけれど、それでも収穫した柚子の半量ほど…残りはどーするんだよ~みたいなことになっておりましてね、まあ例によって結論は先延ばしであります。

そんな柚子を輪切りにしてラーメンにトッピングします。
スープで温められた柚子は次第にその果汁を放出し始め、ラーメンを食べ進むうちに香りと酸味が豊かになってきます。主役は " 刻み高菜 " のはずなのに話題の中心はすっかり柚子になってしまい、きっと高菜は面白くないに違いありませんが運が悪かったとしか言いようがありませんな。

f:id:artfoods:20210117095430j:plain
柚子香る高菜ラーメン   TT Artisan 1.4/35 C  SONY α7

あぁこのしめやかな香りと優雅な酸味が堪らない…最後の一滴まで啜り飲んでしまいたくなるスープのお味に悶絶寸前であります。美味い、とにかく美味いったらありゃしない。
刻み高菜はもちろん焼カマボコもネギも重要なスタッフであることに間違いはないのだけれど、何と言っても柚子がこの世界を支配してしまっていることを粛々と受け止め、そして愉悦のときを過ごすのみなのです。

マルちゃん ハイラーメン

しかしその土台となっているラーメンね、ジツはインスタント袋ラーメンなのです。
マルちゃんのハイラーメンという静岡でしか売られていない即席めん、発売当初の1962年には全国で販売されておりましたが現在は静岡のみ…様々な理由がありますけれど、ここで記述すると長くなってしまいますので割愛します。
お味は塩ラーメン系ですが若干の醤油風味もあり、様々なアレンジに対応してくれるところがいい…つまり懐の深い即席めんなのであります。もちろん何も加えずそのまま食しても美味しいラーメンでしてね、エロおやぢも長年の愛用者のひとりです。
それにしても柚子をトッピングしたこの一杯、忘れられない美味しさなのよね。




クリック↓↓↓で応援をお願いします



 
 
 
 
 
 

魅惑の香りとお味

ビーフシチュー

大きくカットされた牛スネ肉…これはもう煮込み料理しかありませんよね、前々から「そろそろビーフシチューなんてのもいいなあ」と思っていたエロおやぢは即カゴでるんるん帰宅するわけです。
ただこの料理の場合は喰いたいと思ったらスグにいただけるわけではなく、三日三晩くらいコトコトと煮込んではジックリと調味してやる必要があるのでして、買い求めた当日は下ごしらえのみ…というガマンを強いられるわけです。
牛スネ肉は腱や膜を丁寧に除去処理してあっても、どうしても硬い部分があるわけでして、こうして長時間加熱することによってタンパク質分解と繊維の分離が進み、あのトロけるように柔らかい料理となるのですな。

f:id:artfoods:20210117064139j:plain
ビーフシチュー   MIRANDA AUTO MIRANDA 1.4/50 ( 8-Elements )  SONY α7

オカゲ様で順調に下ごしらえは終了し、いただく当日の午前中にはデミグラスソースを加えて塩コショウ…ビーフの旨味が存分に溶けだしたソースが完成するわけですが、あとはもう少しだけ煮詰めてやる必要があるのでしてね、逸るキモチを抑制するのが大変に難しいのです。
下煮段階で入れてある赤ワインや香辛料類がようやく落ち着きを取り戻し、ニクと共に静かな一体感が形成されたころが食べ時…あぁ、待ちに待ったビーフシチューであります。

f:id:artfoods:20210117105112j:plain
DOMAINE DE L'OSTAL GRAND VIN 2016

今も昔も人々をその魅惑の香りとお味で惹き付けてきたビーフシチューです。ほろほろと崩れるようにクチの中でほぐれ、とろとろと滑らかな脂質そしてソースの旨味やスパイスの香りが混然一体となって膨らむ食感…幸福感のクライマックスですな、もう「美味い!」としか言いようがありません。

そのビーフシチューにいっそうの華を添えてくれたのが DOMAINE DE L'OSTAL のワインであります。知人がクリスマスのプレゼントに送ってくれたものでありますが、矢鱈な料理ではもったいないのでソレナリな食事の時に…と大切に保管しておいたものです。
雑味のない洗練されたお味、果実味や森の薫りなどひと通りのフラッシュがバランスよく照らし出される秀逸なひと品ですな、いや~素晴らしい。こんな素敵なお味のワインは久しぶりにいただきました。まさにこのビーフシチューのためにあったようなワインであります。






クリック↓↓↓で応援をお願いします



 
 
 
 
 
 


f:id:artfoods:20081202141605j:plain

f:id:artfoods:20081202142609j:plain:leftたかみさん
おぉ~よく芽キャベツに気が付かれましたね…
真冬が旬、しかも全国生産量の9割を静岡で生産している野菜です。ちょうど鮮度の良いものが店頭にありまして、早速使ってみた次第であります。
バター炒めやスープが美味しいわけですが、こうしてガロニにしても色カタチが可愛い!
 
 
 
 
 
 
 

役者は揃った

自家製チャーシューと地元の生麺

武漢肺炎の感染拡大に伴っていよいよ多くの都府県で緊急事態宣言が発令されました。そのタイミングの是非についてここで論ずるつもりはありませんが、いずれにせよ宣言の目的は感染拡大を抑制するためでありまして外出自粛で武漢肺炎が収束するわけではないのです。
その根絶のためには治療薬とワクチンという二つの車輪が同時に駆動する状態にならないとダメなわけでして、この厳しい状況はしばらく続き我慢から解放されるのはかなり先のこと…東京オリンピック?何を言ってるんですか、無理に決まってるでしょ…それでも横車を押しちゃうんだろうなあ。
それにしても昨年の春ごろ「PCR検査が重要」と大騒ぎしていた連中ね、隣りの反日半島国の体制を「K防疫」と称してずいぶん持ち上げていましたよね。結果どうなんですか?ぜ~んぜんダメじゃないですか、ニッポンより酷い。まあ反日南朝鮮がどうなろうと知ったこっちゃありませんが、無責任なコメンターとマスコミから反省の弁をぜひお伺いしたいものだと思いますよ。

f:id:artfoods:20210113050941j:plain
自家製チャーシューとマルモ食品の生ラーメン

さて当家に於きましては違う二つの車輪が駆動した先日であります。そう、美味しいラーメンに欠かせないチャーシューと麺であります。
今回の自家製チャーシューは豚のバラ肉と肩ロースの二種類で作りました。ニクはそれぞれに特色があってどちらも得意分野で活躍していただくつもりです。麺のほうは富士宮焼そばの麺で有名な地元メーカーさんのもの、昔からこの哀愁のイナカ町で愛されてきたスープ付きの「生ラーメン」です。
さあ、役者は揃いました。前回同様ヨケーなものは排除し、チャーシュー以外はシナチクと刻みネギだけ…。

f:id:artfoods:20210113051126j:plain
チャーシュー麺   Carl Zeiss Jena Sonnar 3.5/135 (Zebra)  SONY α7

あぁ、ジツに美味いじゃありませんか。やっぱりコレだよなあ、澄んだ醤油スープに独特な細麺…そこに自家製のチャーシューをたっぷり並べると、もう見た目だけでも極上のチャーシュー麺の出来上がりさ。お味については語る必要はないでしょ、そりゃ見た通りなんですから!サイコーです。
この二人の役者さえいれば外出自粛も怖くない…ってねえ、ニクも麺も買いに出なくちゃならないでしょ?




クリック↓↓↓で応援をお願いします





庭風景   西陽の檀


もう終わりもう終わり…と言いながらまた撮ってしまいました
西陽に輝く檀の紅葉
流石に先日の雨とこのところの冷え込みで色もくすみ枯れ散ってしまいました
再び見ることが出来るのは年末ですね

 
 

f:id:artfoods:20210113051239j:plain
庭風景 西陽の檀   TT Artisan 1.4/35  SONY α7

 
 
 
 
 
 


f:id:artfoods:20081202141605j:plain

f:id:artfoods:20081202142609j:plain:leftたかみさん
母とこのラーメンをいただきながら「これならベツにお店に行かなくたっていいじゃんねぇ」なんて話をしてました。それくらい完成度の高いラーメン…あ、ボクの実力ではなくて、マルモ食品さんの商品が素晴らしいってことです。
まあチャーシューについてはちょっとだけ自慢してもいいかな~って思ってますけど (´▽`*)アハハ
 
 
 
 
 
 

焼そば大将(212) セコマ「ジンギスカン(風)焼そば 」

北海道の味 成吉思汗風

目覚めて朝のニュース番組を見ていたら " 荒れる成人式 " の様子を放映しておりました。ふう~ん、今年もまたその話かい…相も変わらず迷惑な連中がいるものですな。そうか、昨日は通勤経路がやたらと空いていたのは休日だったからなのね、成人式の日。おっと間違ってもらっちゃ困ります「成人の日」はムカシっから一月の15日って決まってましてね、この日曜日にムリヤリくっつけた休日は " 成人「式」の日 " なんですよ。誰が決めたのかは知らないけれど、きちんとした意味のある日付をカッテに変えてもらっちゃあ困るんですよ、美しいニッポンの習慣や伝統が薄くなってしまうじゃありませんか。アナタのご都合で文化を崩さないでいただきたい。

Secoma ジンギスカン風焼そば

そんな一方でコンプレックスや葛藤を抱える若者が集まってイベントをやっておりました。まあソレ自体は結構なことなのですが、ちょっと危機的に感じたのは、イベントのクライマックスでメインのバンド演奏の楽曲に合わせて参加者全員が合唱していたことです、しかも相当なキアイを入れて。クチパクじゃありません、その歌詞をまるで我が事のように歌うのです。自分がバンドの中心ヴォーカルのように歌う者もいれば、泣きながら歌っているコもいました。
エロおやぢは初めて聴く曲ですが、若者たちの間ではフツーに知られたものなのでしょうか…そこが恐ろしいところなのです、そのバンドのファンクラブの集い状態になってるじゃありませんか、ぜ~んぜん無関係な若者同士なのに、なんで皆同じ方向を向いているの?って思えるのですよ。
しょせんは他人の作った作品じゃありませんか、まるでそれが自分の人生全てみたいな感情を抱いてしまうのは少し早計に過ぎませんか?今の若者ってみんなそうなの?集団でモノゴトを共有しないと充実感が持てないの?
若いころから他人との比較ではなく、普遍的な価値観との対比や新たなチャレンジを続けてきたボクにとっては、とても違和感のある光景でありました。いろいろとモヤモヤさせられた " 成人「式」の日 " であります。

そんな中高年オトコが青春時代を過ごした北海道のカップ焼そばを喰うわけです。
Secomaねえ、セイコーマートも短縮形をブランドにしちゃったのかね、まあ北海道の方々は新しい物好きですから、それもアリなんでしょう。そんな事よりも、なんとあのジンギスカンをオリジナルカップ焼きそばにしてしまうエネルギーがいいですね、もちろん早速お試しであります。

ジンギスカン風焼そば   LZOS INDUSTAR-61L/Z-MC 2.8/50  SONY α7

おぉ~!ちゃんとジンギスカンの味がします…ってか、ジンギスカンのタレの味と言った方が正確でしょうか、そぼろ状のニクやフリーズドライのキャベツだけじゃジンギスカンの再現は難しいのかも知れません。
まあフツーに美味しくいただけますが、ジンギスカンに馴染みのない方々には「ちょっとなにこれ~」みたいに思われてしまう可能性もあります。販売価格にもう少し上乗せしても構いませんから、具材に工夫が欲しかったなあ…なんて思います。
まあエロおやぢが成人式を迎えたころはこんなに豊かな食生活ではなかったのでありまして、今の若者たちは別の意味では恵まれている部分もある…と思った次第です。ニッポンの将来を背負ってゆくのは君たちだ、大いに勉強と遊びに励んで明るい未来を築いてくれ。




クリック↓↓↓で応援をお願いします





庭風景  寒風と梔子の実


師走にはすっかり色づいていた梔子の実
年明けとなってもその鮮やかな朱色を保っております
寒風に揺れる姿は少し寂しげでもありまして
収穫をしなかった反省を促してくるわけです


f:id:artfoods:20210112042056j:plain
庭風景 寒風と梔子の実   TT Artisan 1.4/35  SONY α7

 
 
 
 
 
 


f:id:artfoods:20081202141605j:plain

f:id:artfoods:20081202142609j:plain:leftたかみさん
その菓子は知らない方がシアワセな人生が送れるかと… (´▽`*)アハハ
いい意味でもわるい意味でも (´▽`*)アハハ いづれ懐かしむ時代が来るかと思ってます、はい (´▽`*)アハハ
 
 
 
 
 
 

あぁ麗しのかつ丼さま…

御殿場の名店「にく友」さんでいただく人気メニュー

昨年末のシゴト納めは27日、御殿場市より更に北にある小山町という山の中のシゴトでありました。最終日ですからね、資材の片付けやら現場の養生などをタタッと行って午前中でサヨナラ、お世話になりました~来年もよろしく…なんて具合に楽勝フィナーレと踏んでおりました。
ところがですねえ、なんやかんやの作業を申し付けられましてね、午前中の休憩もなく、昼めしもヌキで…気が付けば午後一時をかな~り回っているじゃありませんか。やっぱりこのギョーカイはブラック体質だぜ!と怒りの発露を封印しつつアタフタと現場脱出した次第であります。

エロおやぢがアセっていたのは、お目当ての食堂が昼の部の営業を終えてしまうのではないか…ということなのです。
そう、いつもなら手弁当持参でおシゴトに出かけるのでありますが、午前中で終わるって話でしたから「お~っし、ようやく積年の希望を実現するチャンスがやってきた!」ということで、もう朝からるんるんして外食昼めしを目的に楽しみに出勤したのであります。

肉料理「にく友」

数年前に県内ローカル民放のグルメ番組で知って以来、いちど食してみなければ死んでも死にきれない!と思っていた御殿場市の名店「にく友」さんでのお食事です。歴史は長く明治時代に創業した老舗でありますが、店名がそのベクトルをモロに発出していますね…「にく友」!うっわ~なんて素晴らしいナマエなんでしょう。もう行かなくたって喰わなくたってウキウキしちゃうようなエンターティメント性が爆発してますでしょ!

なんとか昼の部オーダーストップの14:00直前にスベリ込んでセーフ!うりゃ~危なかったぜ…。
いちおーメニューを眺めるフリはしましたけれど、ココロの中では前夜からかつ丼かつ丼かつ丼と呪文のように唱えてはまだ見ぬ人気メニューに想いを馳せ、そして期待に震えて眠りつけなかったエロおやぢであります、ちょっとウソついてますけど。

例によって新型コロナ対策で隣席とクリア仕切りが施されたカウンターで『かつ丼』を注文しました。ホールのおねーちゃんは案内と同時に消毒スプレーでカウンターテーブルやスタンド椅子をフキフキしてくれましてね、かな~り神経質になっておられるので安心して食事も出来るってもんです。

「にく友」さんの『かつ丼』   MINOLTA M-ROKKOR 2/40  SONY α7

しばし待つこと十数分、出てきましたよ『かつ丼』!
あぁ麗しのかつ丼さま…あなたにお会いできて光栄であります。遅くはなってしまいましたけれど、こうしてガッツリいただけるなんて本当にシアワセであります。
さあ!さあ!さあ!ばっくり喰いましょか!
う、うまい…なんか上アゴちいとヤケドしちゃったみたいだけど、そんなこと気にしてなんかいられないね、わっしわっしとメシを掻き込み、あぐあぐとほおばる揚げたて肉厚とんかつの妙!
だしツユの甘辛加減もパーフェクト、香りよく旨味に満ちた玉子とじの悦楽、薬味もヨケーな小細工に走らず三ツ葉オンリー…これでいいんだ、これがいいんだ。
うっへ~2020年最後の外食はドンブリの大横綱さまだぜい、もう思い残すことはありませんってば!という昨年末の思い出のひとコマであります。


にく友
静岡県御殿場市川島田658
TEL=0550-82-0004
ACT=11:30-14:00 / 17:30-20:50 火曜定休






クリック↓↓↓で応援をお願いします





庭風景  八重咲白椿


この季節になると咲き始める八重の白椿
陽もほとんど当たることのない庭の片隅にこうしてひっそりと咲く姿が好きです
今シーズンは花芽も多くつけておりますが同時に咲くことはなく
一輪また一輪と秘めやかに…

 
 

f:id:artfoods:20210110071214j:plain
庭風景 白椿   Nikon Ai-S Micro-NIKKOR 4/105  SONY α7

 
 
 
 
 
 
 

呉越同舟

うにいくら丼

ウニとイクラはライバル関係でもなく特に仲が悪いわけではないけれど、ベツに友達でも親戚でもなく海の中ではほぼ無関係に暮らしているはずです。そんな二つをヒトの都合で同じドンブリにギュウギュウ詰めにして「あ~海の幸!」などと言っては美味い美味いとほおばるのは如何なものでしょうか。
常識テキに考えればウニはウニ、イクライクラと別々なドンブリで食す方が美味いに決まってます、そりゃ不味いってことは決して有り得ないことではありますが、それぞれの風味や旨味を尊重する上ではシツレイ極まりない行為かと思います。
それでは何でこんなことをしてしまうのかと言いますと、まあ単純に別々に喰うのがメンド臭いからでしょう。或いはヒトによっては金満っぽくてリッチさに溢れ、見栄えが良くてバエるとか云う下劣な感情に支配されているからなのでしょうな。あ、ボクですか?うふ、いちどこーゆのをやってみたかった…ってだけのハナシです。
バカでした、めっちゃ美味いんですけどバカでした。もう二度としません、ウニさんごめんなさい、イクラちゃん許して。

ビン詰めのイクラとウニ

青森県の知人がクロネコ宅急便でビン詰めのイクラとウニを送ってくれたのがそのキッカケでありました。到着後開封した瞬間にこの駄文日記フォトのようなドンブリを想像しニマニマと頬をユルめたエロおやぢであります。

そういえば先日そのクロネコヤマトさんで珍妙な体験をしました。
ボクの前に並んでいたヲンナが受付カウンターに荷物を差し出し「ゆうパックでお願いします」と言ったのです。えっ?ココってクロネコヤマトだよね…と思いましたけれど、事の推移を見守りました。
すると受付のねーちゃんは「ゆうパックは郵便局さんでの扱いになりますから」と言ってその後のアクションをとらないでおりました。ボクは前にいるヲンナがどう切り返すか楽しみにしておりましたところ「それじゃあ追跡できるやつで」と言うわけです、こりゃ終わってるバカヲンナだなあと笑う感情よりも呆れてしまうわけです。
クロネコ宅急便ってのは追跡可は当たり前、今は配達時刻や場所の事後変更も出来る最も進化した宅配便なんですよ、そーゆーことをまるっきり無知に暮らしているヒトもいるんだなあ…と感心しました。ある意味ハッピーな人生を歩むヲンナであります。

しかし考えてもみれば配送料金は別にして宅配各社の荷物受付をどの会社の営業所でも扱えるようになる時代が来るかも知れないなあ、銀行のキャッシュコーナーが共同で稼働しているように。
ってことはバカヲンナだと思ったあの人物は一歩も二歩も先をゆくエライ人…なんてことはないでしょうけれど、まあ宅配各社が呉越同舟となる社会テキ仕組みはあり得ることかと思います。

f:id:artfoods:20210109071013j:plain
うにいくら丼   Nippon Kogaku NIKKOR-H Auto 2/50   SONY α7

ウニとイクラが同じ船(ドンブリ)に乗っていても呉越同舟とはなりませんけれど、とりあへず食すヒトを満足に導くという目的は達成されるのでありまして、それぞれのアイデンティティは担保されているわけです。
こうした珍味はまるで北海道の専売特許であるかのような扱いをするマスコミでありますが、どっこい青森をはじめとする東北各地にも素晴らしい海の幸が存在するのであります、あぁ美味いじゃないか。混載便に申し訳ないと思いつつ、やはり美味い美味いと喰ってしまうわけです。

富士正酒造 げんこつ

思わぬ贈り物に相好崩しキモチにも油断が現れる食卓でありますが、そこは辛口の日本酒でビシッとシメるわけですよ。このお酒は哀愁のイナカ町にある四大酒蔵のひとつ富士正酒造さんの製品でありますが「げんこつ」というその名の通り、ナメてかかるとガツンとげんこつを喰らうようなチカラ強い辛口が楽しめるお酒であります。
近年ボクがお気に入りとしている日本酒のひと品でありまして「いちどやってみたかった」なんていーかげんなキモチで始めた丼ライフを「マジメにやらんかいっ!」と一喝してくれる地酒であります。
あぁ、いいものをいただきました。目も覚めました。






クリック↓↓↓で応援をお願いします



 
 
 
 
 
 
 


f:id:artfoods:20081202141605j:plain

f:id:artfoods:20081202142609j:plain:leftたかみさん
ありそうでなかった「げんこつ」ってナマエ (´▽`*)アハハ
他県の酒造のようにハデなCMなど一切なし…このまんまその姿勢は貫いてほしい…。
 
 
 
 
 
 

国内産小麦とこめ油

富士宮焼そば麺の新しい顔

輸入モノの穀類の危険性…有害な薬品の残存率や発がん物質とか遺伝子操作の有無など…は以前から指摘されてはいることですが、我が国の厚生労働省が認可あるいは許可していると云う " お墨付き " があるのですから、まあいちおーは問題ないと言えなくもないわけです。
ただねぇ、疑念と云うか疑惑とすべきかは判りかねますが、限りなくアヤシいと思ってしまうわけです。いやいや、いいんですよこんなエロおやぢならビョーキになろうが野垂れ死にしようが構いません、ただ後世の子供たちや人々にそういった自然の摂理に反するものを残したくない…と思うわけです。

池田製麺所むし麺

各種メディアを通じてその危険性が伝えられてはおりますけれど、社会とその消費の実態はやはり経済と利便性が優先されているのでありまして、実際のところ国内産の穀類はコメを除き圧倒テキに輸入に頼っていると云うのが現実です。
その他の食料の自給率に於いてもかなり危険域に入っているのですが、それを語りだすととてつもない文字数になってしまいますので本日の駄文日記には書き込みません、また別に発信できる機会があればと思っております。

f:id:artfoods:20210107045543j:plain
富士宮焼そば   Nikon Ai-S NIKKOR 1.4/50 (Stepped Nose)  SONY α7

富士宮焼そば用の製麺企業はこの岳南地区で数社ありますけれど、その中に新しい顔として「池田製麺所」さんと云う国内産小麦粉に拘った商品づくりをされているところがあります。数年前にJA系の産直市場でその製品を見つけスグにお試ししてみたわけですが、残念ながらその時の記録や記憶は残っておりませんでした。
確か当時は " 富士宮産小麦粉 " と謳ってあったような気がしますけれど、今回は国内産とだけなってますね。富士宮焼そば用の麺の主原料は小麦粉と食用油、そのどちらにも国産のものを使用するというコダワリがどんな風にお味に影響するのか…と確かめてみたくなり。今回あらためていただいてみた次第であります。

レモンチェッロのチューハイ

ボ~っと食したならば気づかないかもしれません。けれども小麦の香りと甘みが非常に優れていることが判るはずです。そう、ストレートに「甘い!」と感ずるのが第一印象かも知れませんね。上質な旨味と香り…富士宮焼そばに果たしてそういったファクタが必要かどうかは別にして、とても優秀な麵であることをお知らせしたくなりました。
いいですねえ、できればソース味ではない別のお料理にしてその美味しさを確かめたい…そんなキモチであります。フツーの富士宮焼そば麺に比して三割高くらいの価格設定ではありますけれど、そんなこったあドッチでもいいや!てなもんです。


池田製麺(代表:池田雅澄)
静岡県富士宮市外神1129
TEL=0544-27-8972





クリック↓↓↓で応援をお願いします



 
 
 
 
 
 
 


f:id:artfoods:20081202141605j:plain

f:id:artfoods:20081202142609j:plain:leftたかみさん
基本はキャベツだけですね…あまり手を加えない方が美味しい (´▽`*)アハハ
そして「だし粉」「肉かす」は名脇役でありますが、忘れてならないのが「ミカちゃん」よ~