煮玉子

手羽先でお味の深みプラス

何のハズミかは知らないけれど冷蔵庫の生タマゴ在庫が20コ近くあったのです。きっと母上のお買い物とボクの買い物に重複があったんでしょうね。
まあその理由なんぞはドッチでもいいので、とにかく何とか消費してしまう方法を考えなくてはならないのだな。スペイン料理トルティージャとかフレンチのオムレツにでもすればあっという間に在庫は適正数値になるのでしょうけれど、でもなあソレってイッキに食べ切らなくちゃならないんでしょ?コレステロールとかさ、動物性脂肪のことを考えると…う~ん出来れば少量だけいただいて終わりにしたいじゃないのよ。
ってことは、やっぱり作り置きしておけばポチポチ食べられる " 茹で玉子 " なんてやつがいちばんいいのかもね。タマゴフィーレとかタルタルソースなどへの応用も利くし。

かくしてその " 茹で玉子 " に取り掛かるエロおやぢでありますが、支度を始めてふと思いついたのが『煮玉子』ってやつですな、そうそう!それもいいじゃん…ラーメンにも入れられるし…お~っし、キマリだぜい。

煮玉子   OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 1.4/50  SONY α7

ついでに鶏の手羽先も一緒に煮込みます。いいねいいねぇ、お味に深みもプラスされるし一杯の肴にサイコーじゃん。
そしてちょいとばかし濃いめに仕上げた煮汁でコトコトと煮込んだわけですよ、そりゃこーゆー料理はよほどのことをしでかしてしまわない限り失敗ってものはないのですね、バッチリと上手くゆくわけです。
うわ~美味いなあ…トロトロになった手羽先の皮、ホロリと剥がれて優しいお味の身肉、もう骨までしゃぶり尽くしちゃうもんね。そして本命の『煮玉子』ですよ…これがまたエクセレント!
プリっとした白身手羽先のダシがよ~くシミ込んでめちゃ旨いし、固くなった黄身にはダシ汁を融合させながら食すともうメロメロでやんす。そうだ、この煮汁は捨てずに取っておいて明日また『煮玉子』を作ろう!

ってことで安心してしまったのか、ポチポチ喰うつもりだった玉子は結局その日全てを食してしまったのね。ダメじゃん、そんなことしたら…あ~でも美味しくて食べすぎちゃったんだからシカタないか。




クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  黄菖蒲


モチノキの下に毎年出現する黄菖蒲
先ずは第一号の開花です
水辺に群生する姿は美しいものですが当家の庭ではほんの数株…
環境省が「要注意外来生物」の一種として指定しておりますが
まあココなら大丈夫でしょう

 

f:id:artfoods:20210511090141j:plain
庭風景 黄菖蒲   Tokyo Kogaku RE.Auto-Topcor 1.8/58  SONY α7

 
 
 
 
 
 

『焼うどん』の作法

梅雨入り


みょ~にベタベタと湿気が多いなあ…と思っておりましたら
やっぱり梅雨入りしちゃったみたいですね
ずいぶんせっかちな気もしますけれど
そのぶん梅雨明けも早けりゃいいのですが

庭の梅の実は順調に大きくなっています


f:id:artfoods:20210517124721j:plain
庭風景 梅雨入りと青梅   Nikon Ai-S Micro-NIKKOR 2.8/55  SONY α7

 
 
 
 
 
 

『焼うどん』の作法

亡き父は『焼うどん』が大好物でした。
現在居住しているこの哀愁のイナカ町は『富士宮焼そば』が有名でありますが、彼が生まれ育った港町・清水では『焼うどん』がソウルフードだったのでしょうか…今となってはその真偽を確かめる術もないことが残念です。
大学生のころアルバイトをしていた喫茶店で覚えた『焼うどん』のレシピ、当時は得意になって作ったものです。今となっては果たして本当に美味しいものであったのか自信を持てません。それでも父は美味しい美味しいと目を細めては食べてくれたものでした。

焼うどん   Asahi Opt. Super-Multi-Coated Takumar 1.8/55  SONY α7

基本テキには " バター醤油 " 味ですがバターは使わずマーガリン、タレは醤油とウスターソースをミックスしたものと云うのがそのお店のレシピでした。
ニクとキャベツやピーマン・タマネギ・マッシュルームなどと共にうどんを炒めて塩コショウで軽く調味し醤油ウスターで仕上げる…ただし豚肉ではなくベーコンを使うってところが独特な風味のキモかと思います。また仕上げに花カツヲ&刻み海苔をはらはらトッピングして一層の風味を加えるところもプロっぽい演出ですね。
お家ではなかなかその全てをカンペキに再現出来ませんが、マーガリンと醤油ウスターそしてベーコンやピーマンといったキーポイントを押さえてやる " 作法 " を守ればソレナリにけっこー美味しい『焼うどん』が完成します。
あぁ美味いなあ…もういちど父に食べさせてあげたい。
 
 
 
 
クリック↓↓↓で応援をお願いします






CHINA CRISIS 2021


第1次世界大戦を「化学戦争」 第2次世界大戦を「核戦争」
そして第3次世界大戦は「生物戦争」
アメリ国務省の報告書を同国の調査機関が入手しイギリスやオーストラリアの報道機関が次々と暴露している
コロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦を準備してきた中国共産党とそのリーダーによる恐ろしい謀略

f:id:artfoods:20210512172826j:plain
CHINA CRISIS 2021


from Tweeter Breaking News






スーパーのお弁当

特撰のり弁当@哀愁の…

2016年に購入したキャプチャー君も二回目の車検となりました。早いものですな、もうまるまる5年…ボ~っと生きていると月日の経つのはあっと言う間ですねえ。
特にモンダイもなく過ぎたこの五年間ですが、新型プラットフォームのキャプチャーも日本に導入されましたので思い切って買い替えることにしました…ってウソですよ、ウッソ~っ!そんなヨユーはもしかしたらあるかも知れないけれど、もったいないじゃありませんか、そりゃ新しいクルマはいろいろと快適便利安心物欲全開煩悩必殺で刺激に満ちているしミエも張れるけれど、ベツに何の不自由もないし燃料経費もソコソコのセンをいっているのでこのまま乗り続けるのだ。

特撰のり弁当@スーパーよどばしDay's田中町

まあそのハナシは根本テキに脱線だし、そんなことよりもキャプチャー君を静岡の RENAULT に預けに行った帰路に購入した弁当がサイコーにエキサイティングだった話をしようではないか。ええ、哀愁のイナカ町にあるフツーの庶民派スーパーです、エロおやぢの最も利用頻度の高いスーパーね、流通大手某Aのようにカッコよくもないし、気の利いたものなんぞ全く置いていないお店ではあるけれど、とにかく必要最低限のものがコンパクトにタタッと安くテに入れられるってところがいい。
普段はスーパーの弁当コーナーなんぞ見向きもしないのだけれど、その日はかなり午後に食い込んでいたので帰宅してパパっと食事を済ませたかったのね、で弁当ってことに。

f:id:artfoods:20210507160651j:plain
特撰のり弁当   MINOLTA M-ROKKOR 2/40  SONY α7

そりゃ販売の条件が持ち帰り弁当店とは違いはしますが、この内容でサンキュッパは激しくお買い得かと思います。いや、このスーパーではニーヨンパとかニッキュッパの弁当もありますけれど、やっぱりこいつが一番コストパフォーマンスがいいんじゃないかな…と思います。
生ヤサイ・白身魚フライ・鶏唐揚・メンチカツ・カニカマ天・シウマイ・厚焼玉子・キンピラゴボウ・焼そば…そしてカツヲ節インの焼海苔包み飯。どーだい、文句あっか~っ!の世界です。
美味いです、そしてボリュームも充分です。ワタシハコレイジョウナニモノゾマナイ…しつこいようですがサンキュッパですからね。こーゆー幕の内弁当のようなオールスター版をよくぞこの価格で!と企業努力に拍手喝采であります。

またまたキクラゲの大発生

いやいや満足満足…食後の一服をしようと小雨の庭に出てみれば、まあ何と!楓の幹には絶えてしまったと思っていたキクラゲがまたまた大発生しているではありませんか。採取して喰っちまってもいいような気もしますけれど、まあそれは…。
あ、キクラゲの後ろに写っている赤いクルマね、車検の代車です。T社のコンパクトカーですが、このクルマへのコメントは差し控えさせていただきます…てか、コメントしようがないんだよねえ。




クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  柚子の花


庭の柚子は大々的な剪定をしたせいか
樹勢の回復と新芽の噴出にエネルギーを使ってしまったようです
花芽がちっとも出てこないので心配しておりましたが
例年より少ないけれどきちんとその花を咲かせてくれました
いい香りが漂ってきます

f:id:artfoods:20210510131449j:plain
庭風景 柚子の花   Nikon Ai-S Micro-NIKKOR 4/105  SONY NEX-7






ミラノ風カツレツ

あると便利なトマトソース

とっても " とんカツ " の好きなエロおやぢであります。厚切りにした豚ロースを粗いパン粉で包んで揚げ、熱々をカラシと甘くてスパイシイなフライソースで食すあの快感!もうたまんないっすねえ。よくクチの中もヤケドします…ってのはナイショにしておきますけれど、まあそれくらい慌てて喰いたくなるほど美味いってやつです。
千切りキャベツやケチャスパとかマカロニサラダあるいはポテサラといったものを添えてあるのがニッポン料理としての " とんカツ " でありますが、同じ豚肉のパン粉揚げでも国が変われば添え物だけでなくソースにもその国の食文化が現れますよね、イタリアではやっぱりトマトソースです。
薄切りにしたニクを叩いて拡げ細粒のパン粉で揚げるところまではウインナーシュニッツェル(ウイーン風カツレツ)一緒ですけれど、そこにトマトソースを合わせて食すところがイタリアらしいじゃありませんか、その名も『ミラノ風カツレツ』。
ボクもたま~に作ります…って今回はホンマお久しぶりどすなあ、おおきによろしゅう…う~ん、なんのこっちゃわからなくなってきましたけれど、まあそーゆーことです。

ミラノ風カツレツ   MIRANDA AUTO MIRANDA 1.4/50 ( 8-Elements )  SONY α7

このお料理のキモはトマトソースでしょう、こいつが美味くないとパン粉をミキサーで細かく挽いたり豚肉をトントン叩いて破れないように薄く拡げるあの努力が水の泡になってしまいます。
ボクの場合は水煮のホールトマトを手で粗く潰し、ガーリックのスライスやブラックペッパーのミル挽きと共に煮込み詰めてやるだけですが。他の料理に使うこともありますので塩分はお味を調える程度、用途に応じてその濃度調整を施す方が応用範囲が広くなります。

いや~揚げたての " とんカツ " にこのトマトソースって美味いものですよね!やっぱりイタリアンってカンジになります。赤ワインでも白ワインでもイケますけれど、ボクはスパークリングの白が一番なんじゃないかな…って思いますよ、ボトルラベルのフォトを撮り忘れましたが。
どうせですからこのトマトソースはちょっと余分に作ってストックしておくと便利です。ちょいとオレガノを足してピッツァソースにしたり、タマネギやベーコンを加えてスープベースにしたり…あると便利なトマトソースですね、そしてそのヒトの食生活に合わせてどんどん変化させればいいと思います。



クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  梅の新枝


梅の実は順調に成長しておりますけれど
この時期にはその新枝も空に向ってぐんぐん伸びてゆきます
先端の葉が赤いのが特徴でイエローを経てグリーンになってゆくグラデーションが美しいのです
せっかく成長したのに申し訳ないことですが
実を収穫したアトにこの新枝はバッサリ切り落とされる運命です

 

f:id:artfoods:20210507151927j:plain
庭風景 梅の新枝   Nikon  NIKKOR-Q・C Auto 4/200  @ SONY α7

 
 
 
 
 
 
 

遠州夢咲牛のハンバーグ

主役を引き立てるガロニとは

トナリ町のちょいハイソ系スーパーでは以前から " 県内産和牛を使った生ハンバーグ " を販売しています。レギュラーの生ハンバーグも大変に美味しいものですが、和牛を使ったものはより一層リッチなお味となっていてジツに嬉しいものです。
静岡県内では何種類もの黒毛和牛…知っているだけで5種ほどあるかな…が飼育出荷されておりますので、件の生ハンバーグも数バージョン存在します。そのスーパーに行く度に違うものが売られておりますが、同時に異なるブランド牛があることはなく選択肢はレギュラーかいづれかの和牛入りかの二者択一です。

遠州夢咲牛のハンバーグ by しずてつストア

今回は「遠州夢咲牛」という文字通り遠州…県西部、浜松・浜名湖の周辺地域…で飼育される高級ブランド牛であります。これまで何度かそれをいただく機会がありましたけれど、いや~本当に美味しい和牛ですよ。高価なので滅多にクチにすることはありませんが、ナニかの機会には積極テキにチョイスしたい優秀さがあります。
そんな「遠州夢咲牛」をたっぷり配合した生ハンバーグって、いったいどんなん?ですよね。そりゃレギュラーよりは多少お高い価格設定ではありますが、その強い期待に抗うことは出来ません…ちょっとドキドキしながらカゴに入れてしまうエロおやぢであります。

遠州夢咲牛の生ハンバーグ   CANON FD 1.4/50 S.S.C.   SONY α7

ハンバーグはごくフツーに調理します。フライパンで表面を焼いてからコンベクションオーヴンで火を入れると云ういつものやり方、ソースもハインツのデミ缶にあれこれテを加えて老舗レストラン風なお味に調えてゆきます。
問題はガロニですね、古系のレストランではポテト・インゲン・ニンジンという三種の神器みたいなものが厳然と守られておりまして、それも決して悪い選択ではありません。そーゆースタイルを求めたい時もあるのが事実ですが、もうちょっと主役のハンバーグを引き立てるシンプルな攻め方もいいんじゃないか…なんて思うこともあります。

DANCING FLAME 2019 MERLOT

ふと思い出したのはナゴヤでの長期出張生活中に訪れた一軒の喫茶店、そこでいただいた名物のハンバーグがその類のガロニを添えてあったことです。確か塩コショウで味付けしたスパゲッティにコーンとホウレンソウだけだったと記憶しています。それがまたよかったんです、手作りのハンバーグの美味しさが何倍にも広がって頗るシアワセな気持ちになったわけですよ。
ズボラなエロおやぢも遅ればせながらちょっとマネしてみました。パスタはメンドだったのでスルーしましたけれど、ほうれん草はタタッと油茹でし、あとはスイートコーンの缶詰をパッカンするだけです。

旨い、ジツにいい感じです。いいなあ、こーゆーシンプルなガロニって。遠州夢咲牛もきっちりその役を演じ切ることが出来るってもんさ。あ…ワインですか?いつものワンコインですが…なにか?




クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  柚子の新枝芽


今年の初めに柚子の木を剪定しました
植えてから40余年…ずっとそのまま伸び放題にしてましたが
少し樹態が乱れてきたかな~って感じでしたのでバサバサと丸ボウズに近い状態にしました

驚いたのは新芽が出るころになってから…
今まで何もなかった枝の途中から新しい枝芽がたくさん出てきたことです
スゴい生命力です


 

f:id:artfoods:20210505091851j:plain
庭風景 柚子の新枝芽   Konishiroku Hexar 3.5/50  SONY α7

 
 
 
 
 
 

突然に塩ラーメンが食べたくなりまして…

麺屋はなび「塩らーめん」 by 寿がきや

塩ラーメン至上主義者ではありませんし、平素は醤油スープを中心に味噌やら塩もまんべんなくいただいているエロおやぢでありますが、ナゼか「う~ん、今日は塩ラーメンじゃなきゃダメ!」みたいなヒモ…違う!みたいな日もあるのですよ。
そうそう、ヲンナに甘えて今日は塩だことの明日は醤油のコッテリ系などとカッテわがままなヒモ生活も悪くはないなあ…ってね、世の中そんなに甘くはないんだよ。美味いもんをスキなだけ喰いたけりゃテメーで額にアセ水垂らして働きなっ!てなもんです、で~脱線ですからね、元へ。

寿がきや 麺屋はなび「塩らーめん」

さて先日は本当に突然「塩ラーメン」が食べたくなりましてね、叉焼はテメーで作ったものが未だ冷凍庫にストックされてるし、あとはまあ在るものをテキトーに使えばいいから…と近所のスーパーに生麺を買いに行きました。
本来は地元製麺メーカーさんの「塩ラーメン」を購入するヨテーだったのですが、あいにく売り切れてましてね「あちゃ~」であります。シカタがありませんのでなにかヨサゲなものはないんかい…と棚を眺めておりましたら、おっと~寿がきやさんが製造販売している " 麺屋はなび " さんの「塩らーめん」なるものがあるではありませんか。そういえばナゴヤでの長期出張生活中に " 麺屋はなび " さんって行ったことがなかったよねぇ、寿がきやさんなら地元同士ですから信頼できそうですしね、ここはひとついただいてみましょうか…と相成ったわけです。

f:id:artfoods:20210507034824j:plain
麺屋はなび「塩らーめん」by 寿がきや   OLYMPUS OM-SYSTEM G.ZUIKO AUTO-S 1.4/50  SONY α7

パッケージのフォトを見ますと、先ずチャーシューを炙ったものがトッピングされていますね…お~し、ソレはマネしましょう。あとは刻みネギと糸切り唐辛子ですか…シンプルですねえ、ソレもマネしちゃいましょう。それだけ?そうそう、それだけ。拍子抜けしちゃうくらい支度はカンタンです、こりゃズボラなエロおやぢには都合がいいもんだ。
そしてあっという間に「塩らーめん」は出来上がりました。

いいですねえ、美味いですねえ。ばっちり和風だしも利いてますし、程よいコクがたまりません。自宅でこんなに美味しいものが食べられるんですから、わざわざ " 麺屋はなび " さんに行かなくてもいいんじゃないの?ですな…ってね、やっぱり世の中そう甘くはないはずです。きっとお店で食せばもっと違うナニかがあって美味しいのでしょう。
いちおー突然に襲ってきた " ラーメン食べたいシンドローム " の治療は終えましたけれど、そーゆーイミでは若干のモヤ感が残る昼食なのでありました。



 
クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  さようなら…ベニバナドウダン


美しく咲きそろったベニバナドウダンも終わりです
ツツジの植え込みの上にも散り落ちて
まるで紅い花が咲いているようです
今年も楽しませてくれました…また来年ね

庭風景 さようなら…ベニバナドウダン   SONY XPERIA 5







各地の珍味で晩酌

靜岡・山梨・新潟…

何のハズミか各地の珍味が集まってしまいました。意図してやったことではありませんし、例の冷蔵庫内在庫一掃作戦の結果でもないのです。なんとな~く「あれまあ…」みたいな、でも楽しいものですよね。

各地の珍味

油揚げは新潟県栃尾の名物ですね「とちお油揚げ」。ふんわりと厚みのある油揚げですが、良質な油で揚げた後に本体にブスッと吊るし鈎を通しては油切を行っているのでベタベタしていません。表面はジツにサックリと香ばしく…中はしっとりと仕上がっておりまして、それはそれは甘くて美味しい油揚げであります。
こーゆー素材は矢鱈にコネクリまわさないほうが旨いのですね、サッと炙ってネギとおろし生姜、一味唐辛子を少々かけたら生醤油で…そんないただき方が一等賞であります。

甲州の名物である「鳥もつ煮」です。甘辛くこっくり仕上げたものでして、どちらかと云うと佃煮に近いスタイルです。この商品は気の利いたことに山椒粉が添付されておりましてね、鰻の肝焼きのように美味しくいただくことが出来ました。
たまたま庭の山椒がたくさん芽吹いておりましてね、そいつをトップに添えればこの通り…見た目もお味も素晴らしいコントラストで、お酒が進んじゃって困る肴なのであります。

各地の珍味で晩酌   Nikon NIKKOR-S・C Auto 1.4/50  SONY α7

静岡の焼津は言わずと知れた遠洋漁業の基地、特にカツヲの水揚げは日本イチの港であります。海産物の加工業も盛んで " 静岡おでん " に欠かせない、そして静岡県民のソウルフードである「黒はんぺん」の一大生産地でもあります。
件のおでんやフライも大変美味しいものでありますが、練りたての新鮮なものはそのままいただくのがサイコーです。イワシやサバなどの近海魚がまるごとスリ身となって奥深い風味、ネギ&生姜醤油が王道のコンビですがワサビ醤油もボクは好きです。
近年は同じ外観スタイルで桜海老をフィーチャーしたものやアオサノリを練り込んだものなども登場して楽しさのバリエーションも増えました。こいつも酒がイケ過ぎてヤバヤバでやんす。

土井酒造場 開運 特別本醸造

駿河湾の名物である桜海老は乱獲が祟ったのか、それとも環境の変化が影響しているのか、様々な理由が取り沙汰されておりますが昨年に引き続き今年も不漁で非常に高騰しております。毎年計画的に行われている春漁も絶望テキな数値しか出ておりませんので、一般市場の価格は庶民のサイフから遠ざかる一方です。あ~早く食べたいなあ…ってことで、安定漁獲のシラスに走るエロおやぢであります。
シラスは駿河湾奥から遠州灘にかけて順調に漁獲されているようでして、ナマも非常に美味しいものでありますが、こうして茹で上げたものも甘みと香りが増してエクセレントな食べ物であります。
本日の釜揚げシラスは舞阪漁港産、浜名湖の入口に位置する豊かな港であります。その舞阪に近い掛川市のお酒をチョイスしてきましたが、やはり地の食材には地のお酒ですな、旨いったらありゃしない、合う合う!あぁ、もう一本買ってくればよかった。




クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  黄バラ


鉢植えの黄バラが開き始めました
上品なイエローが優雅であります

 

f:id:artfoods:20210505092042j:plain
庭風景 黄バラ   KONICA HEXANON AR 1.8/40  SONY α7

撮影したレンズは1970年代に製造された KONICA HEXANON AR 40mm F1.8 という非常にコンパクトで薄型のオールドレンズです。当時はフィルム一眼レフの時代で様々なものが世に登場いたしましたが、残念なことにデジタル一眼レフ時代に突入してからそれらのレンズ群が日の目を見ることは長らくありませんでした。
ところが近年ミラーレスデジタル一眼という新たなジャンルが生まれ様相は一転します。詳細な理由には触れませんが、結論から申し上げますと旧いレンズも最新機器で使えるようになった…ってことです。
このレンズもそのひとつでありまして、女性が設計したということでマニアの間では非常に人気のある玉です。特に高性能というわけではありませんが、他にあまりない焦点距離・画角と軽量コンパクトさがエロおやぢの所有欲を満足させます。
この黄バラを撮影したときのようにレンズの絞りをメいっぱい開けて撮影しますと、ふんわり柔らかな優しい画に描写してくれます。

大輪の黄バラ

軒先に鉢植えしてあるこの黄バラはこんな風に大輪となって花開くわけでが、こうしてしっかり開いてしまったものよりも上のフォトのように開花したてがいいですね。
この黄バラは花期が短くて開き始めると一日でお終い、翌日には散ってしまいます。ただ今年は花芽をたくさんつけてくれたので、しばらく楽しめそうですが。