ビジネスホテルで独り晩酌

流石に飽きたスーパーのお惣菜

朝食と昼食が外食なので晩酌…つまりエロおやぢにとっての夕食はホテルで独り静かにってのがナゴヤ出張期間中の毎日でありました。慣れない現場での作業、現地業者や同行者とのコミュニケーション、託されたシゴトへの責任などが重くのしかかってくる昼間から解放される唯一の独り時間であります。

ビジネスホテル岩倉

宿泊したホテルは尾張平野の北部にある岩倉市という小さな町にあり、個人経営のビジネスホテルです。設えはかなり旧いものですが、まあソコソコな清潔さが保たれており何不自由なく過ごすことが出来たのは幸いです。
その駐車スペースと隣接する土地はブロック塀で仕切られておりますが、そこに出来た陥没に植物がチカラ強く生育しているのですな。よくあるハナシで珍しくもなんともありませんが、よく見れば何と「唐辛子」じゃありませんか。

f:id:artfoods:20211106103634j:plain
我此処に 南蛮辛子の 逞しき

何でこんなところに…と笑ってしまいます。近所から種でも飛んできてしまったのでしょうかね…おいっ!オレを忘れんなよ!とばかりに逞しく主張する唐辛子、キンチョー感のある日々に少しだけ癒しをいただいた朝であります。
 
 
さてそんな日々の晩酌は、帰路途中にある某大手スーパーの食品コーナーに立ち寄ってお惣菜を購入してはホテルの部屋で、といったものでした。最初のうちは少しだけワクワクしましたけれど、三日も経てばもう…てな感じでありまして、食味・ボリューム・栄養バランスはもちろんですがコストとの闘いもあって意外に苦戦を強いられたわけです。

f:id:artfoods:20211106103851j:plain
ビジネスホテルで独り晩酌

たまにゃ寿司だって喰いたいよなあ…と握り寿司のパックなんぞも間に挟んでみましたが、自宅で食すのと違ってあまり美味しく感じないのですよ、何でだろうなあ。
寿司に限らずお惣菜でもお家じゃパックから直接食べるってことはせず、必ずなにがしかの器に盛りつけし直して箸をつけるものですし、こんな風に冷めちゃったものばかりなんて食卓も有り得ないことですからね、そういった影響もあるのでしょうが、なんだかそれだけじゃないような気がします。

もしかしたらビジネスホテルの部屋の殺伐とした照明もそれに関与しているかもしれないなあ…青みの強い蛍光灯の光では食べ物がおいしそうに見えないんだよねえ…ってことで、試しに白熱灯のデスクライトだけにしてみたらちょっとだけいいカンジになりました。

タコ刺しとお漬物   MINOLTA M-ROKKOR 2/40  SONY α7

照度不足は否めませんがユニットバスの照明を点けておけば部屋全体がほんわかと照らされますし、テレビの画面光もありますからフンイキは悪くありません。あぁもっと早くコレに気づけばよかった…ではありますけれど、流石にスーパーのお惣菜が毎日では飽きますね。


ビジネスホテルの屋上からは遠く名古屋市中心部のビル群や名二環など高速道路の明かりがよく見えましたが、印象的だったのは尾張平野の西に沈む夕陽とその夕景です。もっといっぱいフォトを撮っておけばよかった…な~んて今更思っても後の祭りです。まあそのうちチャンスは再び訪れるかも知れない…な~んて予感もありますけど。

f:id:artfoods:20211106103720j:plain
ビジネスホテル岩倉から尾張平野西の夕景を望む   SONY XPERIA 5

クリック↓↓↓で応援をお願いします






庭風景  アネモネ…最後の一輪


最後だ最後だと言っておきながらポツポツ咲いていたアネモネ
ホントにこれが最後の一輪になりました
夕陽を背面から受けて透過照明みたいになっておりますが
それより風に揺れてピントを合わせるのがタイヘンでした

庭風景 アネモネ…最後の一輪   Nikon Ai AF MICRO NIKKOR 2.8/60  SONY α7